ラマン分光法用Ventus 532

Ventus 532は、ラマン分光法アプリケーション用に構築されており、タイトな焦点、高強度を実現する統一性をM2にもたらします。 ラマン分光法は弱いプロセスであるため、良好な信号を得るには高強度のIRが必要です。 タイトな焦点は、空間分解能にとっても重要です。 サンプルの小さな領域/ボリュームを確認する場合は、レーザーを小さなスポットに焦点を合わせる必要があります(1に近いM2が必要です)。

ventusの主要なノイズ仕様は<0.15% RMSであり、ラマン・スペクトルで安定した一貫した結果が得られます。散乱プロセスが弱いため、出力が一貫したレーザーが必要です。 ラマンで一般的であるように、顧客は複数のスペクトルを取得して平均化します。したがって、ノイズの変化は最終的なラマン・スペクトルに「渡される」ため、これらの一貫した測定を行うには、レーザーをできるだけ安定させる必要があります。ventusは、低ノイズでこのリスクを大幅に低減します。

During Raman spectroscopy, having the flexibility to couple to a microscope offers ease of integration as your laser can be placed anywhere in the lab and the ventus can be free spaced coupled to a microscope. And finally, the ventus has a wavelength of 532.8 nm better than ±1 nm.  This makes it easy to find filters to suit your set-up.

If you have involvment in Raman spectroscopy and want to find out more, contact us below!

詳細については、ラマン分光法の動画をご覧ください。

 

ラマン分光法の詳細については、こちらをご覧ください。

ラマン分光法について

Raman spectroscopy is useful in two techniques to scan the sample. Point Raman, where the laser beam could either be incident on the sample on a single focus point or as a line. Line Raman technique increases throughput (and speed) but requires higher power from the lasers. Both methods can apply in in-line applications. Raman spectroscopy relies on spectral bandwidth (resolution is an effect of spectral bandwidth, narrow bandwidth = higher resolution).  In addition, it relies on power stability and wavelength stability. Optics typically limit the laser wavelength to either 532 or 785 nm. Meeting the optimal specifications of these will give a clear reading of the chemical make-up of what is in test.