コヒーレント反ストークス・ラマン散乱(CARS)

超高速広帯域レーザーによるラマン測定の拡張

コヒーレント反ストークス・ラマン散乱(CARS)について

コヒーレント反ストークス・ラマン散乱(CARS)と刺激ラマン散乱(SRS)は、どちらもコヒーレント・ラマン散乱プロセスに基づいており、標準的なラマン分光法と同様に分子の振動特性に敏感な分光法です。 CARSは2つの異なる色の光子を使用して分子振動に対処するため、これらのビームのいずれかの波長を調整するか、もしくは広帯域超高速レーザーを使用する必要があります。これにより、周波数差が発生したときに、第3波長で共鳴的に増強された信号が生成されます。これらの2つの光子のうちいずれかが、振動のコントラストを与えるラマン共鳴と一致します。

 

ノヴァンタの専門知識により、標準を超えるラマン・ベースの測定が可能になります:

 

  • 帯域およびオクターブ・スパン・スペクトルを備えた超高速少サイクル・レーザー
  • 効率的なデュアル・コーム・コヒーレント反ストークス・ラマン散乱(DC-CARS)分光法を可能にする高繰返し率レーザー・システム
工業
科学研究開発

実験を最先端の研究に持ち込みましょう

お問い合わせ